ウイッチ(魔女)ゼリー

f0108068_1741943.jpg

これは10代の頃知り合いのアメリカ人から教えてもらったゼリーです。
いかにもアメリカ!!っていう色で最初はおっかなびっくりいただいた私。
まだ「ブルーベリー」というものはジャムぐらいしか食べたことなかったし
だいたい缶詰のブルーベリーの存在をこの時初めて知った位です!
パイナップルの甘酸っぱさとマッチしてとても美味しいゼリーに
大感激!でも難点はやはりすご~く甘かったことなんです。
そこで甘さを調節して今では大満足レシピで活用しています。




すぐに思い浮かぶのが「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家と魔女。
悪い魔女の代表みたいなお話でした。(笑)
考えてみればあんなに残酷な話し(子供をだまして食べようとするなんて・・)
のはずなのに「お菓子の家」のおかげでなんだか子供心に「夢」を持たされた
記憶が(笑)食い意地のはった幼き頃の思い出にあります。
ずっとお菓子の家を作ってみたかった私の夢がかなったのは
製菓学校の卒業制作でした。それこそ長年の夢の集大成(笑)のように
1ヵ月間寝る間も惜しんで仲間達と製作した事がつい昨日のように(!)思い出しますが
あれから・・・年たった今もこうやってお菓子を作っている事に幸せを感じています。



f0108068_13383144.jpg

→staffの2人が作った力作(笑)
[PR]

by maman-maman | 2006-07-27 09:00 | Sweets